ホテルと旅館の違いを知って利用してみよう

宿泊先を決めるとき悩む問題の一つがホテルと旅館のどちらに泊まるかということです。ホテルと旅館の違いを理解していないと何となくのイメージで選ばないといけません。ホテルと旅館の違いは明確でホテルは洋室10部屋以上で部屋の広さが9平方メートル以上、旅館は和室5部屋以上で部屋の広さが7平方メートル以上という分け方をされています。洋風がホテル、和風が旅館といった分け方でも問題ないかもしれません。

人によって好き嫌いはあるかもしれませんが、ホテルの方が好きという人も旅館の方が好きという人も大体半々くらいです。好みでの偏りというものはあまりなく、どちらもサービスに魅力があることからうまく使い分けて利用している人が多いようです。

ホテルの魅力は部屋ごとにトイレや浴室があるというのが基本で、高齢者でも安全に利用できるということがあります。寝る時もベッドが用意されていますので、布団で寝るということに慣れていない人はホテルに魅力を感じます。また駅の近くに建っていることも多く利用に便利というメリットもあります。

ホテルと旅館の違いを理解してみるとどちらを利用すれば宿泊が楽になるのかわかりますのでそれぞれの特徴を理解して利用してみてください。

This entry was posted in サービス. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>